ダイナミックマッハ 飲み方

ペニスを大きくすることができるチントレ。チントレにも色んな種類がありますが、ここでは私自身が効果を感じたチントレをご紹介します。基本の3つに加えて効果的な筋トレについてもお伝えしていきます。

ダイナミックマッハ 飲み方 ≫ ペニスを大きくするチントレ

ペニスを大きくすることができるチントレ。チントレにも色んな種類がありますが、ここでは私自身が効果を感じたチントレをご紹介します。基本の3つに加えて効果的な筋トレについてもお伝えしていきます。

ミルキングの中で一番ポピュラーなのがミルキングです。観るキングは亀頭部分を大きくする目的で行うトレーニングで、亀頭やカリ首のサイズアップに効果的。ミルキングはペニスを半勃ち状態で行っていきます。

トレーニングの前に蒸しタオルなどでペニスを温め血行を良くしておきます。散歩やジョギングの後、入浴後なども血行が良くなっているのでベストなタイミングです。

トレーニングの方法としてはペニスの根本を親指と人差し指で作った輪で掴みます。残りの中指、薬指、小指を握り込みながら亀頭部分へ向かって血を移動させるように絞り込んでいきます。血液を根本から亀頭の方向へ締め出すと、その状態を10秒から20秒間キープして放す。これを何度も繰り返し、10分ほどでトレーニング終了です。

注意するのは握りすぎて圧力をかけすぎないことと、完全に勃起した状態で行わないことです。圧力をかけすぎると青アザのようなものができることもあり、完全勃起状態だと効率的に血液を送り出すことができません。

握りにくければ反対にして、小指から人差し指にかけて血液を送り出すようにしてもいいです。自分のやりやすい方で行い、継続して続けていきましょう。
ジェルキングは一番知られているペニス増大法でしょう。ジェルを使って行う方法なので、オナニーついでにトレーニングをすることができます。やり方は簡単で根本から先端へと血液を送り出していくだけ。ジェルを使わないと皮が引っ張られるので皮を伸ばしてしまう可能性もありますので、潤滑油代わりに滑りの良いジェルを使いましょう。

ネットショップではペニス増大ジェルも売られていますが、そういうペニス増大ジェルを使うと、滑りを良くしながらジェルキングとジェルの成分によるペニス増大効果を同時に得ることができます。

ジェルを使っても皮を引きずる感じではあるので、皮を伸ばしてしまう可能性はあります。それが心配ならジェルキングをサポートしてくれる器具を使うといいでしょう。ジェルキング用器具としてはパワージェイジムがおすすめ。
 

パワージェイジム2&クマッキーNeo&増大鍛練法小冊子のセット

新品価格
¥16,980から

パワージェイジムを使うと、血液を効率よく先端へ送り出すことができ、お金を使うことで途中挫折する可能性を低くすることができました。私が購入した時は返金制度があったので、効果に疑いを持っている方は返金制度を利用してみてはいかがでしょうか。

 
クランピングはペニスを完全勃起させ、その状態を保ち圧力をかけ続けることでペニス増大を働きかけます。完全勃起させた状態で根本を握り続けるので労力がいります。最近人気のクランピング法では手で握るのではなくケーブルクランプを使って根本を縛ります。
 

E-Value ケーブルクランプ 固定部直径:約40mm CCP-M

新品価格
¥228から

首を締めると顔が真っ赤になり、顔全体が充血してくるのが分かるはず。その状態を根本を縛ることにより作り出し、この状態でミルキングを行えば、さらに効率よくペニスを大きくすることができるでしょう。

引っ張りトレーニング

ケーブルクランプなどで根本を縛った状態でペニスを引っ張る「引っ張りトレーニング」というものがあります。そのトレーニングではペニスの長さを伸ばす効果があり、誰でも実践することができます。

ペニスを引っ張るだけで本当に効果があるのか?疑問に思われる方もいるでしょうが、本当に引っ張るだけでペニスが伸びるんです。ペニスの根本は数センチほど身体の中に埋まっていて、それを引き出すだけで簡単にペニスの長さを伸ばすことができるのです。

引っ張りトレーニングは完全に勃起した状態で、亀頭部分を掴んで引っ張ります。人差し指と中指で挟み、親指も使って掴むとうまく亀頭部分を掴めます。10秒から20秒ほど引っ張って放す。これを10分ほど繰り返してください。

引っ張りトレーニングのように、ペニス全体をポンプで吸引して伸ばすという方法もあります。この方法ではペニスポンプを使うのですが、ペニスポンプは安価な価格で販売されていますが、かなり高品質で効果も高くおすすめです。
 

ペニスポンプ 真空陰茎ポンプ 吸圧式 手動式 真空トレーニング

新品価格
¥1,370から

スクワット

スクワットなど下半身の筋肉を鍛えることもペニス増大には重要です。普通のスクワットで十分効果を得ることができますが、トレーニング時は肛門付近を意識してスクワットするようにしましょう。

スクワットは肩幅に足を広げてつま先は45度、膝は直角になるまで腰を落とし、1セット30回をインターバルを挟みながら行なっていきます。

スクワットに加えて腹筋を鍛えることでもペニス増大効果が望めます。膝を立てて状態を少し起こした状態でスタートし、1セット20回をインターバルを挟みながら行なうといいでしょう。ここで意識するのは下腹部です。下腹部からペニスの根本につながる筋肉を意識してトレーニングしてください。

PC筋を鍛える

スクワットと腹筋によるペニス増大トレーニングを紹介しましたが、実は両方のトレーニングではPC筋を鍛えることにもつながります。PC筋は肛門の前方と後方に向けて付いている筋肉で、この筋肉を鍛えることでペニスの大きさだけでなく、勃起時の硬さや持続力向上。上級者になると射精をコントロールできるようになるそうです。

PC筋はスクワットでも鍛えることができますが、いつでもどこでも実践できる気軽な方法。仕事中なら座っている時、電車やバスの出勤中でも肛門に力を入れることはできるでしょう。肛門を締めた状態を5秒キープして緩めるというトレーニングを毎日実践することでPC筋をコントロールできるようにしていきます。

カリオペナス

カリオペナスというちょっと変わったトレーニングもあります。カリオペナスというトレーニングでは、射精を我慢して男性ホルモンの分泌量を増やし、ペニスを増大させていくという方法です。

筋肉などを直接鍛えることはできませんが、男性ホルモンの量をコントロールしてペニス増大を働きかけていくとして効果を期待することができます。具体的な方法としてはペニス増大サプリなどを飲んで半勃ち状態をキープしながら射精を我慢します。

男性ホルモンは性的興奮状態で活発に分泌することが知られていて、射精してしまうと成長ホルモンを無駄にしてしまうことになるのです。カリオペナスをすることで成長ホルモンをペニスの成長のために使うことができるのです。
事前準備といっても手の込んだことをする必要はありません。運動する前にウォーミングアップするような感覚で、事前準備を行っていきましょう。そうすることでペニス増大効果を効率的にすすめていくことができます。

先のトレーニングでも紹介していますが、トレーニングの前にペニスを温めることはとても効果的。トレーニング前に散歩やジョギングなどをして、体全体の血の巡りを良くすることも事前準備として効果的です。蒸しタオルでペニスを温めたり、入浴中にペニスへシャワーを当てて温めるのが簡単でしょう。

増大サプリなども一緒に使用することもペニス増大に好影響を与えてくれることでしょう。性的興奮とまではいかなくても、好意を持つ異性と接する機会と持つこともいいでしょう。男性であることを意識することでも男性ホルモンの分泌を働きかけることができます。

Copyright © 2019- ダイナミックマッハ 飲み方